本文へ移動

HISTORY

History of MINILITE
1963年
1963年
 1963年インペリアル・カレッジ・ロンドンを卒業したエレクトリック・エンジニアのデリック・パワーが33歳の時、ジョン・フォードと共に、ロンドンにテック・デル社を創業した。その年、ミニライトのプロトタイプが誕生し、プロダクションモデルはダイキャストで生産された。

 その後、ミニライトは、ロンドンのモーターショーにおいてラッドフォードのスペシャルミニに装着され一躍注目を浴びた。
1964年
1964年
 1964年デリックとジョンはアメリカにもミニライトホイールの大きな市場が存在する事を実感し、特にルーツグループ(クライスラー・グループ)のサンビーム・タイガーにはミニライトが絶大な人気を博し、多大な成功を収めた。
 
 1967年にはセールスの68%が海外輸出となり、10、12、13、14、15インチそしてセンターロックと、ほとんどのサイズが既に揃っていた。
1965年
1965年
 1965年にROOTESでミニライトを装着したミニが優勝し、1967年にモンテカルロラリーでミニが優勝したことにより、ミニライトも一躍世界的に有名になった。それ以降数々のレース、ラリーでミニと共にミニライトは活躍した。当時レース用に10インチのセンターロックキットを販売され、多くのミニ・クーパーやクーパーSが装着していた。その商品ラインナップはミニだけでも20種類以上のサイズを生産していた。

 ミニライトの栄光の歴史は数多く伝説となり、人々に語り伝えられ”The Winning Wheel” 「勝利のホイール」と呼ばれるようになった。当時RAC、FIAのラリーでは、そのオリジナル性からレギュレーションで元のスチールホイール以外はミニライトホイールのみが使用許可されるといった事もあった。
1968年
1968年
 1968年3台のミニがアクロバットを演じる映画「ミニミニ大作戦」でも勿論ミニライトホイールが使用された。また、イギリスのパトカーにも「強靱」「軽量」「安全」に定評のあるミニライトホイールが採用され、ローバーのパトカーにはアルミのミニライトホイールが装着された。

 ワークスカーから量産車のオプションに至るまで当時の殆どの車種と言っていいほど多くの車種に装着されていたことからも、その性能、信頼性は高く評価されていた。

 BMC(殆どのインターナショナルラリーとヨーロピアンサルンカーチャンピオンシップを制覇)、BL、AC(コブラ)、トライアンフ(特にTR7ワークスカーで1976年に優勝したのは有名)、BMW、フォード(オフィシャルモータースポーツカタログに掲載)、ロータス、ジャガー、メルセデス、モーガン、ポルシェ、ルノー、ローバー、サンビーム、サーブ、アウディ、ボルボ、etc.。またアメリカではフォード・ムスタング、シボレー・カマロなどの殆どのレース、ワークスでも使用され制覇した。

「強靭」「軽量」「安全」

1960年代
 ミニライトホイールは、「強靱」「軽量」「安全」の3つの基本理念と共に世界中で有名になった。また、その特徴的なデザインの「8スポーク」が機能的にも優れていることで、数多くのファンに愛され続け、発売から数十年を経た現在においても、その基本デザインはほとんど変わらず輝き続けている希有な存在、それがミニライトホイールである。

 
MINILITEホイール
TOPへ戻る